女の人

瓦礫選別は工業機械で効率化|産廃処理を手助けする機械の力

ガレキは資材の山

工事

ガレキは一見するとただのごみの山に見えますが、実は資材になるものが多く眠っています。例えば、建物を壊した際に発生するコンクリート片はセメントの原料やボードとして再利用することが出来ます。再利用した資材は再び建材として使用できるため、捨ててしまうにはもったいないでしょう。また、ガラス片に関しても、一度溶かすことによりもう一度再利用することが可能です。さらに溶かさずとも、細かく破砕することで道路を舗装する際の材料としても利用できるのです。他にも、金属なども同様に溶かして再成型が可能なことから、利用価値の高い資材となっています。ガレキはただ処分するのではなく、再利用不可能なものとこれらの物を細かく分ける必要があるのです。

ガレキ選別するためには、資材に応じて幾つかの工業機械が用いられます。例えば金属に関しては、磁力を利用して吸い寄せる磁選機を用いて選別を行えます。一般家庭の磁石とは比べ物にならない磁力を発生させるので、重い金属片でも素早く選別することが可能なのです。他にも、コンクリ片を含んだガレキ選別には振動ふるい機が力を発揮します。こちらは大きいガレキと土砂などの細かいガレキを振動によるふるい分けることが可能なため、工事現場などのガレキ選別に役立ちます。様々な場所でガレキ選別が可能なよう移動しやすい設計になっているので、場所を選ばず作業できる点も便利といえます。また、ふるい分けたガレキを更にコンベア上で細かく選別することも可能なので、最終的には必要な資材と不要なものを分けることができるでしょう。