女の人

瓦礫選別は工業機械で効率化|産廃処理を手助けする機械の力

細かく砕く

工事現場

大きな建物の解体工事や土砂の掘削工事を行うと、大きなガレキが発生してしまう場合があります。手で握れるほどのサイズのガレキならまだしも拳より大きなガレキが散乱してしまうと処理も面倒となってしまうでしょう。また、ごみ処理現場などではガレキのみならず、産廃が発生することもあります。産廃の中には金属やプラスチックが含まれており、こちらも人の手で破砕するのは困難といえます。これら中途半端に大きいガレキや産廃には、破砕機が役立ってくれます。硬い物を砕いて小さくするために使用する破砕機なら、木材からプラスチック、硬いコンクリート片、岩などを砕いて小さくしてくるでしょう。破砕機を用いてガレキや産廃を細かくすることにより、運搬や処理がしやすくなります。産廃処理を業者に依頼する場合などは細かくしないと受け付けない場合もあるため、破砕機を導入しておけばそういったトラブルに陥ることもなくなるでしょう。

破砕機は大型の機械から軽自動車程度の小型なものまで様々です。しかし運搬可能な物も多いため、現場で使用する際にもトラックで持ち運びが可能でしょう。破砕機の内部はハンマーと呼ばれる金属が回転しているため、硬い素材であっても粒上にまで破砕することが可能です。ハンマーも特殊加工で消耗しづらくなっているので、硬い物を砕き続けても長い間使用することが可能でしょう。破砕機を利用する際には、メーカーからの直接購入やレンタルによって用意すると良いでしょう。メーカーからの購入ならメンテナンスも行ってくれるので、長期的に見ても安心です。