男の人

瓦礫選別は工業機械で効率化|産廃処理を手助けする機械の力

ガレキは資材の山

工事

ガレキの中には再利用できる資材が多く眠っています。コンクリ片やガラス片、金属は使い直すことが出来るため、ガレキ選別を行い資材だけを回収すると良いでしょう。ガレキ選別は、工業機械を用いることで正確に分けることが可能です。

もっと詳しく

手順を踏んで処理

メンズ

調理や機械の生産、自動車の手入れなど様々用途に油は用いられます。しかし使い終わった廃油は素人が処理できないため、専門業者に依頼して処理してもらうのが最適です。専門業者にリサイクルしてもらえば、エコロジーの観点で見ても安心でしょう。

もっと詳しく

細かく砕く

工事現場

工事現場やゴミ処理場で発生した大きいガレキや産廃には、破砕機の力が役立ちます。破砕機を利用してサイズを小さくすれば、産廃やガレキの運搬や再利用も容易になるでしょう。

もっと詳しく

機械を利用する

解体工事

建設現場では頻繁に瓦礫が発生します。工事の工程や種類にもよりますが、特に解体工事の現場では大量の瓦礫が発生するでしょう。解体工事によって発生した瓦礫に関しては、担当する業者が責任をもって処理しなければいけません。そこで多くの業者が、瓦礫をリサイクルし資材として再利用しているのです。しかし解体によって生じた瓦礫は、非常に多くの材料が入り混じったものとなっています。そのため、リサイクル作業に移る前に、必ず選別を行わなければいけません。瓦礫選別によって材料を細かく仕分けし、ふるい分けられた材料ごとにリサイクルを行うのです。しかし解体後の瓦礫選別は、数が膨大すぎて人力で行うのはほぼ不可能です。そんな時に活躍してくれるが、瓦礫選別を行うフルイ機です。

解体によって生じた瓦礫の中には、コンクリ片やガラスくず、木材チップなど様々な材料が含まれています。これらは資材として再利用することが可能なので、土砂と選別して別途まとめておく必要があるでしょう。そんな時にフルイ機が役立ちます。フルイ機は細かく振動を繰り返して土砂と材料を選別してくれるため、リサイクル資材の回収が大幅に効率化出来ます。またフルイ機でも選別が難しい細かい素材に関しては、ある程度選別を終えた瓦礫を運ぶコンベアーが行ってくれます。コンベアーの選別はフルイ機と仕組みが異なっているので、それぞれに異なるサイズの瓦礫を選別することが可能でしょう。これら瓦礫選別用の機械は、工事機械を取り扱う卸会社や買取会社が販売しています。販売だけでなくリースを行っている場合もあるので、まずはレンタルしてみて性能を確かめると良いでしょう。